不動産名義変更と登記

土地や家屋などの不動産を持っている人が亡くなり、相続人が相続することになると、不動産名義変更をする必要があります。

不動産名義変更と登記

不動産名義変更と登記

動産名義変更をする必要があります。

それは、不動産の所有権を明確にするもので、法的に効力があります。

たとえば、不動産を売却するときには、売却したい人の名義になっていなければ売却できません。

相続したら所有権移転登記を管轄する法務局で行なうのが一般的です。

後々のことを考えて被相続人が亡くなったら、早めに不動産名義変更をするのがいいでしょう。

最近では、オンラインで不動産名義変更が出来るようになっています。

法務局に行くまでもなく申請できます。

しかし、オンラインで簡単だとはいっても、インターネット環境が必要ですし、不動産名義変更に関わることについて調べる上に、オンラインでのやり方も勉強しなければなりません。

慣れている人であれば、オンライン申請の方が楽でしょうが、インターネットに慣れていなければ、通常の方法で所有権移転登記をするのがいいでしょう。

法律事務所でもオンライン申請に対応しているところもあるので、依頼の手数料を少しでも安く抑えたいならオンライン対応可能なところに依頼するのがいいでしょう。

とはいっても、所有権移転のオンライン減税は4000円程度ですので、高い手数料の法律事務所へ依頼すれば、あまり経済的には効果がないかもしれません。


Copyright (C) www.pastoralmayausa.org. All Rights Reserved.

不動産名義変更と登記