不動産名義変更と住宅購入

住宅を新築で購入しても、中古で購入しても不動産名義変更を行なう必要があります。どちらの場合でも、トータル的にかかる税金や費用はさほど変わりはないようです。

不動産名義変更と登記

不動産名義変更と住宅購入

住宅を新築で購入しても、中古で購入しても不動産名義変更を行なう必要があります。

どちらの場合でも、トータル的にかかる税金や費用はさほど変わりはないようです。

どちらも不動産名義変更にともない登録免許税がかかりますが、抵当権設定をする場合には別途費用がかかります。

また、建て直しなどの場合では、所有権保存料金が発生します。

その他、雑費として登記事項証明書などの発行費用もかかってきます。

また、不動産を購入した場合は、上記以外にも不動産取得税がかかります。

不動産名義変更は必要ですが、その登記うんぬんに関わらず、税金を支払う必要があります。

この不動産取得税は、購入した時の一度だけの税金になります。

一方、不動産を取得することで、毎年税金がかかってくるのが、固定資産税です。

賃貸の人にはもちろん、固定資産税はかかりません。

不動産を持っていると、住宅ローン以外にこうした税金がかかってくるために、不動産を購入したほうがいいのか、はたまた賃貸で住んだほうがいいのか、議論が分かれているようです。

不動産を購入すれば、不動産名義変更をして自分の不動産であることの証にもなります。

しかし、住宅ローンの金利などを考えると、頭金でも多くない限り、支出が大きいのは間違いないでしょう。

住宅を購入するかどうか迷っている人のなかには、このへんにも理由がありそうです。


Copyright (C) www.pastoralmayausa.org. All Rights Reserved.

不動産名義変更と登記