不動産名義変更の賃借

親の敷地内に子ども夫婦が家を建てる場合、あるいは、親の名義である土地に子ども夫婦が家を建てるといったことは、世の中にはよくあることです。この場合の不動産名義変更は、とくに行なう必要はありません。

不動産名義変更と登記

不動産名義変更の賃借

親の敷地内に子ども夫婦が家を建てる場合、あるいは、親の名義である土地に子ども夫婦が家を建てるといったことは、世の中にはよくあることです。

この場合の不動産名義変更は、とくに行なう必要はありません。

ただ、土地を借りるだけで不動産の所有権が移動するわけではないのです。

また、借地としての地代を支払う必要もありません。

もっとも、相続する場合には、所有権移転登記をする必要があります。

一般に、借り手が他人である場合には、地代や場合により権利金を支払いますが、親の土地であれば、「土地の使用貸借」といって、地代を払う必要がないのです。

しかし、世の中には、贈与というものがあるために、親子間の土地の使用貸借であっても、贈与になるのでは?!と疑問に思う人もいるようですが、不動産名義変更による所有権の移転があるわけでもなく、貸借による土地の価格はないものとして扱われるために、贈与税などがかかることはないのです。

たとえば、親が被相続人になったら、ここで初めて不動産名義変更ができるというわけです。

もっとも、親が生きているうちに財産を相続すれば、もちろん贈与税はかかります。

また、不動産名義変更を行なうことで登録免許税や不動産取得税がかかることも覚えておきましょう。

不動産名義変更手続センター(土地・家・マンションの名義変更)


Copyright (C) www.pastoralmayausa.org. All Rights Reserved.

不動産名義変更と登記